「新型コロナへの対応」世界に伝わるメルケル独首相の演説 一人一人が必要な理由と貢献できることとは

投稿者:

 ドイツのメルケル首相は3月18日、「コロナウイルス対策について」と題した重要演説を全ドイツ、全世界に向け行いました。その中で同首相は、自らと連邦政府を何が導いているか、民主主義に必要な政治的決断を透明にし、行動の根拠をできる限り説明して国民の理解を得るようにすると表明しました。同首相はこの演説で、国家にとってこの重大な危機に、国家がなにをなすべきか、民主的な社会と国民がなにをなすべきかを、明確に示したのです。

続きを読む

「森友学園問題」遺族感情逆なでする首相答弁 国会に第三者委員会を

投稿者:

  3月23日の参院予算委員会の「森友学園問題」の国会中継をNHKで見た。安倍晋三首相は、文書改ざんを苦に自殺した財務省近畿財務局職員の赤木俊夫さん=当時(54)=の手記公表を受けて、「再調査」を求める野党の追及にどうしても応じようとしなかった。遺族の気持ちをないがしろにする首相のかたくなな姿勢に憤りすら感じた。  

続きを読む

科学者コミュニティ軽視の社会構造 十分な役割果たせず

投稿者:

 新型コロナウイルス禍は収まる気配がない。世界中が似たような対策をとるような事態になっている。渡航制限や国境閉鎖のような強制的措置をとった時期が早いか遅いか。感染規模の大小がこのような単純な理由で説明されては、今後の教訓は得られまい。この際、日本の科学者コミュニティの役割を見つめ直してもよいのではないか、と筆者は考える。科学的根拠に基づく政策決定が求められているにもかかわらず、日本の科学者コミュニティは十分な役割を果たしていない、とかねてから疑問に思っているからだ。

続きを読む

「コロナは陰謀」から一転「戦時」に トランプ氏、FOXニュース進言受け入れ?

投稿者:

 「新型コロナ騒ぎ」は政権潰しを狙う民主党や左翼がでっち上げた陰謀と非難して、「万全の対策を取っている」「間もなくおさまる」などと楽観論を振りまいてきたトランプ米大統領。だが一転、脅威は本物と認め、「戦時大統領」と自分を呼んで感染防止に取り掛かっている。ワシントン・ポスト紙電子版によると、トランプ氏と歩調を合わせてきた保守派メディアのトークショー・ホストがさすがに「このままでは危険」と、大統領に新型コロナウイルス感染対策を急ぐよう進言したのがきっかけになったというのだが・・・。

続きを読む

「東京五輪聖火が到着」IOCの開催声明に批判 バッハ会長「異なったシナリオも検討」

投稿者:

 新型コロナウイルス (Covid-19)が世界的なパンデミックとなり、欧州、米国などで感染が拡大、東京五輪を予定通り開催できるか、不安が高まる中、東京五輪の聖火が3月20日、日本に到着した。しかし、聖火リレーが始まる前に、東京五輪の延期を求める声が国際的に高まり、今後の展開は予断を許さない。

続きを読む