✺神々の源流を歩く✺

投稿者:

第37回 現人神社

◆神武天皇は新羅人 ?

 現人(あらひと)神社は香春三ノ岳の東麓にある。現人神社とは福井県の鹿神社でも紹介した都怒我阿羅斯等命(つぬがあらしとのみこと)のことで、「阿羅斯等」が「現人」(あらひと)に転化したとされれる。                    

続きを読む

<米中間選挙>正常な選挙できるか トランプVSバイデンの「再戦」の様相 共和党はトランプ氏倣い敗北認めず大混乱の懸念も

投稿者:

 連邦上下両議会と各州3権の代表を選ぶ米中間選挙が1カ月余りに迫ってきた。選挙戦の実態はトランプ氏が根拠なく選挙結果の受け入れを拒否している2020年の大統領選挙の「再戦」(ワシントン・ポスト紙電子版)ともいうべき様相を呈している。トランプ共和党は20年の選挙で大接戦の末,バイデン候補が勝利した激戦州で民主党支持票の抑圧を狙う州選挙法改定を済ませ、投票日が迫る中で民主党選挙登録に不正があると訴えるキャンペーンを展開中だ。同党の候補者の大半は投票で敗れてもトランププ氏に倣って敗北を認めないのではないかと懸念されている。このままいくと投開票をめぐって大きな混乱が起こる可能性が強い。

続きを読む

「機密文書」持ち出しで米FBI捜査進展 米中間選挙さなか、トランプ氏訴追の可能性も 異例の選挙として歴史に残るか

投稿者:

 トランプ前米大統領氏が2年前の大統領選挙の敗北を受け入れずに選挙結果の転覆を図って議会襲撃事件を引き起こし、いずれ刑事訴追は免れまいとの見方がある中、国家安全保障にかかわる大量の「秘密文書」を不法に持ち出していたことが発覚し、ここでも連邦捜査局(FBI)の捜査に追い詰められている。連邦議会および各州3権代表を改選する中間選挙が投票まで6週間余りに迫っており、刑事訴追があるとすればこちらが先ではないかとの見方も浮上してきた。これまで中間選挙は新政権2年間を採点するものとされてきた。だが、今回は米国がバイデン大統領の民主党とトランプ氏の共和党のどちらを選ぶのかという重大な選択の場になった。その選挙戦の主役の一方が、複数の刑事事件の捜査に追い詰められているというのも、異例の選挙として歴史に残るだろう。

続きを読む

「保守政治」の変質と衰弱化 旧統一教会と不可解な癒着の深淵 

投稿者:

 「反社会的な旧統一教会の支援で当選して自民党議員ですと、平然と言えるのはおかしいね。保守精神が地に落ちたようで結党以来の危機ではないですか」と、自民党の長老議員は顔を曇らせた。安倍晋三元首相の殺害事件で明らかになった自民党と、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)との不可解な癒着の広がりは、バックボーンである「保守政治」の役割とか「保守の作法」を変質、崩壊させるような勢いである。

続きを読む