州選挙法「改変」で政権奪還狙う 「州権」の多数握るトランプ共和党 米連邦最高裁判決の衝撃

投稿者:

 トランプ氏は米大統領選挙で勝ったのは自分だとする根拠なき主張の上に「再び不正選挙を許さないため」と称して州選挙法を共和党により有利になるよう改変するキャンペーンを推進している。民主党はこれに対抗して、正攻法の誰もが投票をよりしやすくする連邦法を議会に提出し、次の政権争いの前哨戦が始まっていた。そこに連邦最高裁が7月初め、アリゾナ州で成立した州法を合憲とする判決を下したことで、両者の対決はたちまち本番の様相を呈してきた。

続きを読む

アフガニスタンと付き合った私の42年間(3)米軍と同盟国軍は7月末で全面撤退へ タリバンも統治経験、政府予算で学校教育

投稿者:

 20年間、アフガニスタンで反政府武装勢力タリバンとの戦争を続けてきた米軍と同盟国軍は、7月末までに全面撤退する。すでに大使館の警備部隊などを残し、ほとんどが撤退を完了した。
 外国軍撤退は、2015年からカタールで断続的に続いていた、米国とタリバンの和平協議の合意(20年2月29日)での「135日以内の縮小」「2021年4月末までの完全撤退」に基づき、バイデン政権が8月末まで実施完了期限を延期して実施した。
 首都カブールのアフガニスタン政府は、この和平協議への米国の強い参加要請を拒否し続けた。政府とタリバンの内戦は続く。

続きを読む

✺神々の源流を歩く✺ 

投稿者:

第25回 滋賀県 苗村神社(なむら)と長寸神社(なむら)

 東海道本線の近江八幡駅から、竜王町をバスで約二十分、川守停留所で降りると、道路を挟んで目の前に見上げるような苗村と長寸両神社が東西に向かい合っていた。        
 漢字は違っても共に「なむら」と読む。「なむら」とは明らかに「あなむら」の訛伝で、天日槍が住んでいた吾名邑(あなむら)にちなんでいるようだ。       
 東本殿の祭神には事代主神、大国主神、素戔嗚神が並ぶ。いずれも出雲の神々である。向かいの西本殿は、「苗村神社御由緒略記」によると、祭神は那牟羅彦神(なむらひこのかみ)、那牟羅姫神、国狭槌命(くにさづち)の三神である。

続きを読む

「アフガニスタンと付き合った私の42年間」(2) 中央アジア専門書を翻訳し『よみがえるシルクロード国家』出版 著者との交流で4万部突破の『タリバン』翻訳

投稿者:

 1980年から、アフガニスタンはソ連軍が支援するカブールの親ソ派政権と米国が支援する反政府武装勢力が内戦状態になった。反政府勢力をアラブ諸国も支持して、次第に優勢となり、ソ連軍は89年アフガニスタンから撤退した。
 一方、フセイン政権下のイラク軍は90年8月クエートに侵攻。湾岸危機・湾岸戦争となった。91年1月、米軍がイラク爆撃を開始。50万人の多国籍軍がイラク攻撃を展開して。同年2月28日にブッシュ米大統領が勝利宣言をした。

続きを読む