トランプ氏、「コロナ感染死」の「日常化」狙う

投稿者:

 「コロナ」で人気低落したトランプ米大統領が大統領選挙戦前の「経済回復」をもくろんで4月末で非常事態宣言を解除、「外出禁止」「営業禁止」などの規制解除を強行してから2週間が過ぎた。新型コロナウイルス感染が再び拡大、5月15日には感染者数は35万人増の142万人に、死者は2万3000人増えて8万6000人に迫っている。医療専門家の警告通りの展開だ。トランプ氏は後戻りはできず、死者の増加は経済回復のためのコストとして押し切る構え。トランプ氏のリスクを冒しての「経済活動再開」が選挙戦狙いとすれば大きな誤算だったようだ。

続きを読む

「検察庁法改正案」ネットで抗議広がり国会前ではデモ 俳優ら著名人が多数がツイート 今国会成立断念に追い込む

投稿者:

 新型コロナウイルス禍の中、安倍政権が内閣の判断で検察官の定年を延長できるようにする検察庁法改正案の成立を強行しようとしていることに対し、抗議の声が広がった。会員制交流サイト(SNS)のツイッター上では検察庁法改正に抗議を示す著名人らのツイートが相次いだ。また国会前でも、新型コロナ禍でも、少人数ながら抗議の声を上げる人たちがいた。

続きを読む

「検察庁法改正案」検察官OBの〃一揆〃を全面的に支持する その危機感を「ロッキード世代」として共有する

投稿者:
(本文末尾に「検察庁法改正案反対意見書」の詳報を記載しています)

 検察官の定年延長を政権の判断で延長できるようにする検察庁法改正案について、検察官OBたちが5月15日、安倍晋三政権の理不尽なごり押しに抗して立ち上がった。

続きを読む

「検察庁法改正」躊躇なくしっかりと安倍首相は法案の撤回を なぜこの時期になぜ急ぐのか 

投稿者:

 新型コロナウイルスで「緊急事態宣言」が5月末まで延期されたばかりだが、このところ安倍晋三政権は、検察官の定年を65歳に引き上げ、内閣の判断で、「検事長」や「検事正」という検察幹部の「役職定年」を延長できるようにする検察庁法改正案成立にひどくご執心である。そもそも、公務員の定年延長は、内閣にとってあくまでも、行政府の一員であるという点で身内の問題にすぎないのだが、コロナ禍がいまだ収束していないこの時期に、なぜ急ぐ必要があるのか。内閣による「検察官の私物化法案」を安倍首相は、「躊躇なく」「しっかりと」(いずれも安倍さんがよく使う「安倍語」)撤回すべきである。東京新聞によると、「検察庁法改正案に抗議します」とのツイッターへの投稿は急速に広がり、5月11日午後8時現在、異例の680万件にも上っている。この法案は、どの角度から考えても、「検察の独立性」を侵すだけでなく、三権分立の憲法秩序への挑戦である。

続きを読む

「検察庁法改正案」検察の不偏不党脅かす ネットの抗議に470万件 かつては「厳正中立」貫いた「ミスター検察」も 

投稿者:

 国会で審議が始まった、政府の判断で検察幹部の定年を延長できるという検察庁法改正案は、人事や捜査へ政治介入を招くとして、ネット上で抗議が広がっている。宮本亜門氏らのハッシュタグ(#検察庁法改正案に抗議します)へのツイートが10日夜現在、470万件を超えたという。

続きを読む